DV被害者の「離婚の実現」

幸せな生活を夢見て結婚生活をスタートさせたのに、理想と現実の違いで離婚をしてしまうご夫婦は多くいらっしゃいます。

どんなことが理由として挙げられるのでしょうか。妻の側から考えていきます。

 

・夫の浮気

・夫がお金を入れてくれない

・夫と子育ての方針が全く合わない

・夫のDV

・夫の児童虐待

・妻自身が好きな相手ができた などが挙げられそうです。

 

そして、上記の理由が複数当てはまる場合には、より離婚を考える可能性は高くなるでしょう。

 

妻が夫との離婚を本気で考えるとき

上記のような理由で今の夫との生活に耐えられない、という思いが爆発すれば、妻は離婚に向けての具体的な行動に移していくと思います。

または、今我慢できないというよりは、このままでは将来の安心した明るく楽しい生活を思い描くことができない、という場合にも同様の決断が下されるということもあります。

 

人によって違いがありますが、脳裏に「離婚」の文字が浮かんでしまっている妻は、

ほんの小さな違和感でも「離婚」への行動を促進させることとなります。

そういった妻の「心の変化」に気づかずに、相変わらずの態度、生活を続ける夫には余計に失望し、離婚への気持ちがより固まっていくことになります。

 

そして、自分や子供に身の危険が降りかかってくるような状況になれば、尚更「離婚」をして、安心で安全な、楽しい毎日を過ごせるようにしたいと思うのが当たり前のことになります。

 

しかし、別れたくても別れられない状況というものが存在します。

DV被害者」となってしまうことで、「離婚」に向けた行動ができなくなってしまう精神状態に陥ってしまうことがあるのです。

 

DV被害はどのようなものでしょうか

DV(ドメスティックバイオレンス)とは、厳密な定義はありませんが、一般的には、配偶者や恋人など親密な関係にある人、または親密な関係にあった人から振るわれる暴力のことです。

ここでいう「暴力」には、殴る・蹴るなどの身体的な暴力だけではなく、「暴言を浴びせる」などの精神的暴力や、「嫌がっているのに性行為を強要する」などの性的暴力も含まれます。

DVは時間が経過しても自然に治まることはありません。

精神的な暴力も、のちのちPTSDなどの精神障害を引き起こすことがあります。

また、DV加害者は、その父親がDV加害者であったケースが大半といわれています。

家族から虐待を受けて育った被害者が成長し、心的外傷が原因でDV加害者となってしまうことがあるのです。

 

もう後がない…

 

DV被害者が「離婚できない」理由

DV被害を受けていて、身体的にも精神的にも追い詰められているのに、DV被害を受けている方の中で、「離婚ができない」と考える方がいらっしゃるのです。

一般的に考えて、心も身体もともに危険な状態である環境からは一刻も早く離れたい、離れた方がいいと思うのではないでしょうか。

 

しかし、これは第三者の客観的な考え方であって、実際にその立場に立ってしまうと、そのような「一般的」な考えが浮かばなかったり、考えが浮かんだとしても、実際に実行に移せなかったりしてしまうことがあるのです。

 

薬物依存、ギャンブル依存にしてもそうですよね。

「そんな体に悪いものを…薬物で捕まったらどうするの?」

「ギャンブルなんてお金をドブに捨てるようなものじゃないか」

このように考えるのは、「実際にやったことがない人」「依存していない人」「抜け出せた人」の意見であって、渦中にいる人に届くような言葉ではありません。

 

このように立場の違いで精神状態が変わり、思考も変わってしまうのです。

 

「離婚できない」思い込みをつくるもの・・・その1

DV被害者が「離婚できない」という思考に陥ってしまうものの一つに、「加害者は優しい」という思いが存在することです。

 

・開放期・・・落ち着いた段階。相手に対して優しくなる。許しを請う時期でもあります。

・緊張形成期・・・緊張が高まり、非難、大声で怒鳴るなどが増えます。

・爆発期・・・殴る、蹴る、首を絞める、モノや凶器を使う、セックスを強要する時期です。

 

DV加害者も、いつも暴力を振るうとは限りません。

人によってですが、上記のような時期をくり返していくことも多いでしょう。

 

その中で、暴力のない、一瞬平和な時期があり、その時期を被害者が、これが本当の人なんだと誇張して思い込んでしまうことがあります。

もちろんこの面も加害者の本当の一面ではあるのです。

しかし、被害者の願望も相まって、このような生活が続いてほしい、これが二人の真の関係だ、というような思いが募り、「離婚できない」ということにもなっていきます。

 

「離婚できない」思い込みをつくるもの・・・その2

DV加害者を刺激してしまい、更なる恐怖を巻き起こしてしまうのではないか、という恐怖心から「離婚できない」という思考を作り上げてしまうことがあります。

 

先ほどの比較的安全とも言える「開放期」が本当の姿だ、というものではなく、「緊張形成期」「爆発期」のような加害者が攻撃性を発揮する姿の「恐怖心」から「離婚できない」というようなブロックが形成されてしまうことがあるのです。

 

〇刺激することで、余計にDVが悪化して、殺されてしまうのでは…

このような、DVがエスカレートしてしまうことを恐れて「離婚できない」という思考に陥ってしまい、自分ではどうすることもできない状況を自分で作ってしまいます。

〇もうこのような状況からは逃げることができない…

DVの恐怖から精神的に追い詰められ、自分自身何がしたいのかが判断できず、これが自分の環境であり、当たり前であり、他の世界があることなど理解できないような精神状態になってしまうことがあります。

 

しかし、どのような状態でも、「離婚」は必ずできます。

自分自身で、自分を追いつめてしまっているのです。

それがDVの恐ろしさでもあります。

DV加害者は被害者を、「恐怖で支配」しているのです。

 

ご自身が置かれている今の辛い環境から抜け出すことは必ずできます。

そして、「別れ」には「別れの専門家別れさせ屋ジースタイル大阪」にお任せ頂けましたら、ご依頼者様の「別れ」を、全力でサポートしていきます。

別れさせ屋ジースタイル大阪では、24時間年中無休にて、別れたいお悩みを抱えている方のご相談にご対応させて頂いております。

弊社では、独自の手法による別れさせ工作方法により、様々な『別れたい』『別れさせたい』ご相談の内容に最善な別れさせ工作の方法をご提案させて頂いております。

他社で失敗された方、他社に相談してみたが頼りないまたは、信用性がないと感じられたいう方からもご好評を頂いておりますので、

お一人でお悩みを抱え込まれてお辛いお気持ちを、まずはご相談されてくだされば弊社相談員が、ご相談者様に親身になってご対応させて頂きます。

 

こちらの記事もご参考ください。

⇒ DV夫と別れたい

⇒ 子供を虐待から守りたい

⇒ ご両親が大切な娘をDV・ストーカー被害から守る手段

 

別れさせ屋、別れさせ工作の相談無料

  • 別れたい人(離婚したい)
  • 別れさせたい人(離婚させたい人)
タイトルロゴ 年間4000件以上の別れ問題、離婚問題のご相談を頂き、頂いたご相談を解決させて来た別れさせ屋にご相談下さい。
1人で別れ問題、離婚問題を抱えているなら別れさせ屋ジースタイル大阪は大阪を含め関西で別れさせ工作をご提案させて頂きます。
別れさせ屋はご依頼者様が明るい未来を手にする為にご協力させて頂く探偵社になりますので、日々悩みを抱えて日常生活に支障をきたし、明るい未来が見えないのなら一日でも早い問題解決に向けてサポートさせて頂きます。

メール相談 ライン相談 別れさせ屋大阪ジースタイル