虐待再婚夫との離婚に向けて

最近のニュースでも取り上げられる事件の中で児童虐待の事件が後を絶ちません。

親の都合、親の抑えられない感情により子どもが犠牲となり、死に至るケースもあります。

相手の男性と知り合い、交友関係から恋心が芽生え恋人になり、順調な恋愛を経て再婚をされ幸せな新しい人生を歩みだしたはずだった。

しかし夫となってから、しばらくすると夫が子供に対して暴力を振るう様になってしまったといったケースに悩まされる女性が非常に多い状況です。

 

実の両親が子どもを虐待することもありますが、母親の連れ子が再婚した夫から虐待されるというケースも非常に多く見受けられます。

再婚夫が子どもに牙を向く

一つ例えを挙げると「目黒女児虐待事件」がみなさんの記憶にも新しいと思います。

その事件は、2018年3月に東京都目黒区で度重なる虐待を受けていた5歳女児が死亡し、女児の両親が逮捕されたという事件です。

「目黒女児虐待事件」の被害女児は母親と元夫の間に生まれ、父親とは血縁関係がなかった。母親は2016年に父親と再婚。女児への虐待発覚の為、2度児童相談所に一時保護される。

父親は2017年2月と5月に2度女児に対する傷害容疑で書類送検を受けるも、2度とも不起訴。

2017年12月、父親が仕事の都合で東京都に単身で引っ越した。このころには女児に虐待の傾向は見られず、年が明けた2018年1月4日に香川県の児童相談所は指導措置を解除した。その後女児たちは後追いで1月中旬に父親の住む東京都に転居したが、母親は転居先の住所を児童相談所には頑なに明かさなかったという。

 

2018年3月2日午後6時ごろ、女児は父親の119番通報を受け救急搬送され、同日夜搬送先の病院で死亡した。司法解剖の結果、女児の足には重度の凍傷が認められた。また、死亡前女児は臓器が正常な5歳児よりも5分の1も小さく萎縮していた他、2月末ごろに父親が暴行を加えた後から衰弱し、ほぼ寝たきり状態となり嘔吐を繰り返していたという。

(出展:ウィキペディア)

 

 

再婚夫の我が子への暴力に対して、実の母親が何も言えず、逆に加担してしまうケースも少なくありません。何が大切なことなのか、という状況判断が、母親が全くできなくなってしまうこともあるのです。

 

我が子を全力で守りたい

我が子を全力で守りたい」そう思って子育てをされているご両親ばかりだと思います。しかし、感情のコントロールがきかず、逆に子どもを虐待してしまう親もいるのです。

そして、先ほどの事件のように、再婚夫という血のつながりのない相手から、再婚してしまったがために虐待を受けてしまう子どもが存在します。

 

実の母親として、我が子が暴力を受けている姿を見て平気でいられる人は、精神が正常な場合いないと思います。しかし、その暴力を見て見ぬふりをする。加担してしまう、というのは、少なからず再婚夫の目を気にして、自分に向けられる暴力を恐れ、やってしまうということもあります。異常な環境下では異常な精神になってしまいます。

 

今現在、我が子のために、自分のために、そういった再婚夫と「別れたい」と思っている方もいらっしゃると思います。

「なぜこんな人と再婚したのか…」という後悔の日々かもしれません。

しかし、思考が停止してしまい、そのまま虐待を見過ごして時を過ごしてしまっている方もいらっしゃると思います。自分ではどうしようもないと思いながら、誰にも頼ることができずにいらっしゃる方。悲しみと絶望の日々を送っていらっしゃるのではないでしょうか。

 

ふと思い立った時がチャンスです。今このブログを読んでくださっている、このタイミングがチャンスとなります。

このまま時を伸ばし、放置してしまうことになると連日のニュースで報道されているような惨い結果になってしまいかねません。

子供の事を考えたら…

「別れさせ屋ジースタイル」を頼ってください

再婚夫の我が子への虐待が行われている中、妻であり母親であるあなたはお子さんを「守りたい」と思っています。

しかし、自分一人ではどうすることもできない。夫の逆上した行為を止められない。「別れたい」と言えば何をされるか分からない。誰かに相談する、通報することもできない。放置している私にも責任が出てきてしまうのでは…

本当にいろいろな考えが浮かんできてしまうと思います。そして、考えることをやめ、時が過ぎるのを待つしかなくなってきてしまいます。

 

しかし、私たち「別れさせ屋ジースタイル」は、極秘のうちにあなたとお子さんを苦しめている虐待夫との「別れさせ工作」を進めていきます。「別れさせ工作」をご依頼者様が依頼していることが漏れることはありません。

そして、内密の内に進んだ「別れさせ工作」の結果、上手く別れることができたとしたら、いかがですか?

どのような気持ちになれますか?

きっと、次の希望へ向けて、お子さんと一緒に一歩踏み出していけるのではないでしょうか。お問い合わせにも勇気が必要かもしれません。しかし、「別れさせ屋ジースタイル」では、丁寧にお話をお聞きし、ケースに合わせた解決方法をご提案致します。

 

私たちと一緒に一歩、踏み出してみませんか?

別れさせ屋ジースタイル大阪では、24時間年中無休にて、別れたいお悩みを抱えている方のご相談にご対応させて頂いております。

弊社では、独自の手法による別れさせ工作方法により、様々な『別れたい』『別れさせたい』ご相談の内容に最善な別れさせ工作の方法をご提案させて頂いております。

他社で失敗された方、他社に相談してみたが頼りないまたは、信用性がないと感じられたいう方からもご好評を頂いておりますので、

お一人でお悩みを抱え込まれてお辛いお気持ちを、まずはご相談されてくだされば弊社相談員が、ご相談者様に親身になってご対応させて頂きます。

 

こちらの記事もご参考ください。

子供を守るための別れさせ工作

DV夫と離婚したい

別れさせ屋、別れさせ工作の相談無料

  • 別れたい人(離婚したい)
  • 別れさせたい人(離婚させたい人)
タイトルロゴ 年間4000件以上の別れ問題、離婚問題のご相談を頂き、頂いたご相談を解決させて来た別れさせ屋にご相談下さい。
1人で別れ問題、離婚問題を抱えているなら別れさせ屋ジースタイル大阪は大阪を含め関西で別れさせ工作をご提案させて頂きます。
別れさせ屋はご依頼者様が明るい未来を手にする為にご協力させて頂く探偵社になりますので、日々悩みを抱えて日常生活に支障をきたし、明るい未来が見えないのなら一日でも早い問題解決に向けてサポートさせて頂きます。

メール相談 ライン相談 別れさせ屋大阪ジースタイル