元カレ・元カノを好きな気持ちが強く諦められないから、復縁を望む方はいらっしゃいます。

つい別れてからも連絡をたくさんしてしまうのは、元カレ・元カノを本当に想っている証拠だと思います。その気持ちは決して悪いものではありませんが、あなたの心に余裕がない状態だから焦って連絡をしてしまうのではないでしょうか。

その行為により相手の気持ちがより一層、離れて行ってしまう結果になってしまいます。

もし別れを冷静に受け止めることができれば、きっと連絡をたくさんしてしまうことはないでしょう。復縁を成功させたいと強く思うなら元カレ・元カノを好きな気持ちや復縁を望む気持ちはとても大事ですが、それを伝えるタイミングや伝え方を間違ってしまうと返って逆効果になってしまいます。別れた直後に焦って伝えることは、自分の手で復縁の可能性を遠ざけてしまうことになってしまいがちです。復縁の成功の定義からするとその様な行為はタブーになります。 

別れた状況によっては辛い気持ちなのは、あなたも元カレ・元カノも同じですし、元カレ・元カノの気持ちが落ち着くために時間が必要なように、あなたの気持ちも一度落ち着くための時間が必要です。焦って自分の気持ちのままに行動をしてしまわないように、落ち着いて心の余裕を持ちましょう。

心に余裕を持って客観的に二人の関係を見つめ直すことで、焦って不安に駆られていたときには気付かなかった解決のヒントが見つかることもあります。

元カレ・元カノとの復縁について

元カレ・元カノとの復縁は、相手に新しい彼氏・彼女がいない場合といる場合では難易度が異なることがあります。すでに新しい恋人がいるということは、相手の方は気持ちの整理がある程度ついていて新しい一歩を踏み出してしまっている場合もありますので、すぐに自分に対する気持ちを取り戻すのは難しいことがあるでしょう。そして相手に恋人がいる場合にはただの復縁ではなく略奪愛になってしまうことがあります。

状況としては、元カレ・元カノに新しい相手ができたことについて周知の場合と、自分が知っていることを相手が知らない場合がありますが、このような状況の違いも復縁の進め方に影響してくるでしょう。お互いに公認の事実となれば相手もそれを踏まえた上で連絡などを取るようになりますが、場合によっては相手が自分と連絡を取るのを後ろめたい気分になることもありますので、現在の状況を全体的に把握することもポイントです。

略奪愛、という響きにはどのような印象を持つでしょうか。人それぞれ様々ななイメージがありますが、賛否両論を理解して、新しい彼氏・彼女がいる相手との復縁をねらう時には、略奪愛をすることになる、という自覚を持つこともポイントです。恋愛にまつわることでは穏便にというのが難しい状況もありますが、後で後悔しないためにも、自分で正しいと思う判断や行動を心がけてみましょう。

実際に略奪愛に踏み切る際には、強引に詰め寄らないことも大切です。相手の現在の幸せな環境を壊してしまう場合もあることを意識してみましょう。強引に進めるとかえって嫌われてしまう時もありますので慎重さが必要になってきます。

現在の元カレ・元カノの恋愛関係を壊してしまい、その相手にも嫌な思いをさせ、なお自分に対しても嫌悪感しか持たれないとなると、関わっている全員が傷つく結果になることもありますので注意点を忘れずに上手に取り組まなければいけません。

しかしご自分で復縁をする事は非常に難しい問題です。その上、相手の恋人と別れさせ略奪愛を成功させる可能性は非常に低くなります。

ただでさえ感情が不安定な状態な時に冷静にお一人の力で別れさせる事は無理です。

復縁に向けての別れさせ工作の重要性

穏便に復縁を求めるには、まずは元カレ・元カノが交際相手と別れてからのアプローチを行うことが第一です。

現在の恋人と別れてからであれば復縁について相手の方も考える事もあるでしょうが、恋人がいる状態だと復縁について考えることはまず無いでしょう。

相手に恋人がいる状態で幾らアプローチを試みても徒労に終わる可能性が高く、お勧めはできません。

元カレ・元カノとの復縁を願うのであれば、別れさせ屋に依頼し別れさせ工作を検討して頂く事が最善な方法です。

別れさせた後に復縁を望むのか?ただ単に別れさせるだけで満足なのか?など、あなたの望む形をご相談下さい。状況に合わせた別れさせ工作の方法を提案させて頂く事が出来ます。

苦しい想いを1人で抱えている事は、とても辛い状況でしょう。

ますは、あなたのご状況やお辛いご心境などお気兼ねなく弊社の無料相談窓口にご連絡ください。

別れ問題、離婚問題はお気軽にご相談下さい06-6377-968824時間365日対応

メールでのご相談はコチラ