子供を守るための別れさせ、引き離し工作

別れさせ屋・別れさせ工作の総合探偵社ジースタイル大阪!子供が『虐待』をされて亡くなってしまうという心に突き刺さるような事件が後を絶ちません。
最近では容疑者の供述に基づき、詳細な内容までもが取り扱われて報道されるため心が痛くなる方は大勢居るはずです。
血の繋がりがあっても無くても、『虐待』自体が減らない世の中になってきてしまっています。
実親による虐待も多いですが、交際相手が虐待を加えるという事件も増えてきています。
今では3組に1組が離婚をしているというデータがある程、離婚は珍しいものではないですがそれと比例して一人で子供を育てるという人も増加しています。
そのため、交際相手と実子を育てる、または交際相手の子供を育てるという方も多いかと思いますが親としての自覚が欠落してしまっている方が悲しいことに増えているのも事実です。
親としての自覚が欠落していると、子供への愛情が薄くなってしまうのは想像が出来る範囲内ではありますが、だからといって虐待をしても良いという事にはなりません。

自分の子供が虐待をしているかもしれない。子供の交際相手が孫を虐待しているかもしれない。と悩む親御さんが増えてきているのも、こういった背景からです。
実際に孫に痣があり子供に痣のことを聞くと、様々な理由を付けてはぐらかされてしまい段々と連絡頻度が減ってしまい虐待をみすみす見過ごしてしまったというケースがありました。
子供に煩わしく思われるのが嫌で疎遠になってしまう親子は思いのほか多く存在しますが、それによって虐待されていることに薄々気付きながらも放置をしてしまうのは本当に悲しいことです。

子供自身は虐待をしてはいないが、子供の配偶者または交際相手が虐待しているケースでは、子供がその相手によって『マインドコントロール』されていたり脅されていたりしている可能性があるため、何を言っても聞く耳を持ってくれないというケースがあります。
恐怖』により思考が上手く回らず、相手と自分だけの世界が出来上がってしまいそこに絶対的な関係性が創られてしまうというものです。
この場合は誰かが間に入って話を聞いてあげることにより、恐怖感はあるものの自分の視野が広がるため、相手から子供と一緒に逃げる方法を模索する可能性が大きくなります。
正常な判断が出来ない程のプレッシャーを与えられると、自分が優先になってしまうという傾向があるので気付いてあげれるかが大きなカギになってきます。

本人自身が親としての感情や自覚が欠落していても同じ態度を取られる可能性はありますが、この場合もそのままにしておくのは良くありません。

子供が虐待をしているのであれば子供と孫の引き離しをしなければいけませんし、配偶者や交際相手が虐待しているのであればその相手と子供の別れさせをしなければいけません。
しかし親が言って聞くような人間であれば悩むこともないかと思います。
十人十色という言葉があるように、人間にはそれぞれの人格が存在しているため一般常識というものがどの程度相手に通用するのかによって、話をする方法や話しの内容を変えていかなければいけません。
正論を真正面から頭ごなしに突き付けたとしても、必ずと言っていいほど拒絶反応を起こされてしまいます。
そのため、まずは内容よりも話をするタイミングやその雰囲気に持っていくことが一番難しくなります。
ただタイミングを見計り過ぎては、また虐待によって暴力を受けてしまったり、ネグレクトにより放置させられる時間が増えてしまうので早急に対応をしなければいけなくなります。

自分の子供に配偶者や交際相手との別れを示唆すると、全く聞く耳を持ってくれなくなるというケースがあります。
虐待を容認しているぐらいにパートナーに依存してしまっている状況なのでこのようなことは珍しくありません。
実際にニュースで取り上げられている虐待の事件の中には、交際相手だけが子供に暴力を振るっていたりネグレクトをすることにより食事を十分に与えず、栄養失調に陥らせて餓死をさせてしまうといった事も発生しています。
自分は何もしていないとよく警察などでの取材で供述している方がいますが、その『何もしていない』ということがもう虐待なのだと気付けない時点で子供よりも交際相手の方が大切だと認識している証拠です。

そんな状況であれば別れさせたいと思うのは当然のことですし、世間から見ても別れた方が良いという意見が圧倒的に多くなることは確かです。
しかし子供と別れてくれと頼んだとしても、相手はすんなりと受け入れてくれるとは限りません。
人によっては、いい大人の恋愛に親が口出ししてくるな。といった高圧的な態度を取る場合もあります。
反対にすんなりと受け入れてくれるケースもありますが、そうなれば逆に子供が交際相手と別れたくないと言って別れを拒むケースもあります。
頭のどこかでは多少理解出来ていたとしても、別れまでとなると自分にはこの人しか居ない。と依存特有の考え方をしてしまうのです。
どちらにせよ、一筋縄ではいかなくなってしまいますが別れさせることが出来ないと悲嘆してしまう必要はありません。

全ての縁切りにはそれぞれに効果的な『別れの理由』が存在します。
その効果的な別れの材料を揃えて別れさせるように仕向けるのも別れさせ屋の仕事です。

配偶者や交際相手と別れを拒んでいるのであれば、まずは依存を解いてあげなければいけません。
パートナーに依存してまう理由は様々ですが、必ず理由があるのでその理由を探り根本的な解決の仕方で問題を改善してあげることが出来れば、別れることに関しても拒み続けることはなくなります。

特別な理由が無ければ、恋愛体質と呼ばれるもので恋愛に対して執着してしまい人を好きになりやすいという性格が原因している可能性があるので、これを改善してあげることにより相手との縁切りが上手くいく可能性が大きくなります。

配偶者や交際相手が別れを拒んでいる場合は、様々な角度から相手を詰めることが出来る事柄を探し心理的誘導を行い別れさせに繋げることが出来ます。

一筋縄ではいかないことだからこそ、別れさせ屋を活用して下さい。

弊社では調査員や工作員の他にその人の本質を見極めることに特化した分析班が在籍しているので、相手の情報が少なくても様々な観点から分析を行うことが出来ます。
まずは相手がどんな人間であるかを分析してから、工作による接触を行う方がより効果的です。
また、相手がご依頼者様に逆上してしまうかもしれないといった点や、逆恨みなどをされないためにも別れさせ屋の活用をお勧めさせて頂いております。

自分のパートナーが子供に手をあげてしまっていてどうすればいいのか分からない。という方も居るかと思います。
あなただけでは止めることが出来ず、自分の身にも危害があり言われるがままの生活を送っているという方も、一度弊社にご相談下さい。
お子さんを含め、あなたの安全を第一に考え自然な別れさせ工作であなたとパートナーとの縁切りのお手伝いをさせて頂きます。

縁切り』をさせることにより守れる命があります。
せっかくこの世に生を享けたのにも関わらず、心無い大人によって虐待という悲惨な生活を送らせるのにストップをかけましょう。
誰にも相談出来ずに悩んでいるのであれば、是非一度弊社相談窓口にご連絡下さい。

ジースタイル大阪では、別れさせの他に様々な縁切りのご依頼も承っております。
まずはお気軽にお問合せ下さい。
24時間いつでも無料でご相談頂けますので、是非ご利用下さいませ。

 

以下の記事もご参考下さい。

子供が付き合っている相手との別れさせ屋工作の仕方

別れに対して恐怖心がある人への別れさせ工作

別れさせ屋、別れさせ工作の相談無料

  • 別れたい人(離婚したい)
  • 別れさせたい人(離婚させたい人)
タイトルロゴ 年間4000件以上の別れ問題、離婚問題のご相談を頂き、頂いたご相談を解決させて来た別れさせ屋にご相談下さい。
1人で別れ問題、離婚問題を抱えているなら別れさせ屋ジースタイル大阪は大阪を含め関西で別れさせ工作をご提案させて頂きます。
別れさせ屋はご依頼者様が明るい未来を手にする為にご協力させて頂く探偵社になりますので、日々悩みを抱えて日常生活に支障をきたし、明るい未来が見えないのなら一日でも早い問題解決に向けてサポートさせて頂きます。

メール相談 ライン相談 別れさせ屋大阪ジースタイル