妻と不倫相手とを別れさせたい

夫は仕事で一生懸命、妻と子どものために働いている。その間に、妻は他の男と不倫をしている。そのような行為を、許せますか?

 

妻が不倫をする理由は様々なのですが、夫に対する不満の結果、ということもあり得ます。

夫が仕事で家庭を省みない、家事に理解を示してくれない、妻である自分を愛してくれない、など、夫に対しての不満から不倫をしてしまう、ということもあり得ることなのです。

 

だからといって、不倫が許される行為なのかどうか、ということは別になります。

 

夫に対する不満を、夫自身と話し合い解決に向かうこともできますし、他の方法でストレスを解消していくこともできます。

 

しかし、「不倫」という道を選択する妻もいるのは確かなことです。

妻の異変に気づく時

夫が妻の不倫に気づく時、それはどんな時なのでしょうか。

夫が普段仕事で家にいないとしたら、なかなか日中の妻の行動を把握することは難しいでしょう。しかし、夫が家に帰ってきてから、妻からの「今日の出来事」を聞くことができるのなら、そこから「今日の妻の一日」を知ることができるでしょう。

 

妻が仕事をしていたり、活動的で、一日中外で仲間と何かに取り組んでいたりしているようなら、妻も夫にさほど話さないかもしれませんが、専業主婦で、普段は家事や育児に専念されている妻で、気楽に話せるのが夫だけ、ということになると、妻としては夫の帰りを待って、今日起きた出来事を話すことを楽しみにしているのではないでしょうか。

 

人間(特に女性)にとって、話ができる、話を聞いてもらえる、という状況は、とても嬉しく、幸せな時間なのです。

 

そして、妻の話の様子で、妻に何かがあった、ということに気づく夫もいることでしょう。

普段疲れて帰ってきた時に、妻から弾丸のように話をされていたとしたら、「まずは少し休ませてくれ…」という気持ちにもなるかもしれません。毎日の日課のように話を聞くことになっている状態は、とても幸せではありますが、疲れている日には耳をふさぎたくなる時もあるかもしれません。

 

この、いつもたくさん話をしてくれる妻が、突然話をする時間が短くなったり、話をしなくなったりしたとしたら、夫も妻の異変に気づくかもしれません。逆に、普段以上に話をしていたら、それもまた、妻の異変を感じることになるかもしれません。

 

当然、日によって妻の様子は違うこともありますので、話し方や話す長さなどの変化はあることでしょう。しかし、妻の話が毎日の事だとしたら、妻の変化を感じやすい出来事となっていきます。

 

また、服装の趣味が変わった、化粧の仕方が変わった、持ち物や夫への態度が変わった、というような要所要所に夫が気づいていくことができたら、「妻に何かしらの異変が起きている」、と思うことになっていきます。

 

普段出かけない妻が、外出をよくしている様子が見受けられ、どこに出かけているのかを濁したり、妻の話に矛盾を感じたりすることで、「妻の異変」を感じるかもしれません。

 

そしてそれらの異変は、「妻が不倫」をしている、という現れの可能性もあるのです。

妻の不倫に気づいた時の夫の行動

妻の異変が不倫からくるものであった、と気付いたら、夫はどのような行動をしていくのでしょうか。

 

a:自分がそうさせてしまったかも、という考えをもち、妻と冷静に話し合う

b:激怒して、とにかく妻を責め立てる

c:相手の男性に連絡をし、責任を取らせる

d:妻と離婚をする

e:妻と相手の男性を別れさせ、もう一度妻とやり直す

 

など、いろいろな行動が考えられます。

 

自分の妻の不倫を知った時、妻に愛情があるのなら、冷静に対処できる人はほとんどいないのではないでしょうか。怒り狂い、「b」のように妻を責め立ててしまう人もいると思います。感情が高ぶるあまり、「c」のように、相手の男性に連絡をとって、責任を取らせるような行動に出る人もいることでしょう。

 

その結果、「d・e」のように、妻と別れたり、男性と別れさせたりすることになっていくケースが多いのではないでしょうか。

 

つまり、妻の行為を黙って許すのではなく、妻や相手の男性にガツンとやってから別れる・別れさせるということになるのではないでしょうか。

 

ただこれは、夫自身が妻に対して何も負い目もなく、これまで妻や子供に対して尽くしていて、家事や育児を自分の役割と感じながら、妻と協働して行っているような場合には、いいかもしれません。

 

しかし、妻から「不倫」の理由として、夫の家事や育児への不参加、家庭を省みない仕事の仕方や接待、付き合いと称しての外出・外泊、妻の話を一向に聞こうとしない、夫自身の不倫、などを出されたとしたら、妻のただの「逆ギレ」ということだけにはなっていかないのではないでしょうか。

 

夫と妻の全面対決、という構図も考えられます。

 

また、妻ともう一度やり直すために、「妻と相手の男性を別れさせる」ということになれば、正論だけで妻を責めていては、妻の気持ちはズタズタにされ、妻から離婚を言い渡されることにもなりかねません。

 

ですので、夫の行動としては、自分がこの先妻とどのようにしていきたいのか、ということを明確にしてからでないと、のちのち後悔をしてしまうことになってしまうでしょう。

妻と妻の不倫相手とを別れさせる

妻の不倫に気づいた時、上記のように、様々な夫の選択肢があります。

この中で、この先妻と、元の幸せな家庭を築けるように「妻と妻の不倫相手とを別れさせる」という選択肢を選ぶこともできます。

 

これは、夫のまだ妻を愛している、子供の為にも元の幸せな家庭に戻りたい、などの気持ちから選ぶ道なのかもしれんません。

 

この選択で気を付けたいことは、この先、妻との幸せな生活を考えるのであれば、感情に任せて妻を責め立ててしまうことを控えていく、ということが一つ挙げられます。

 

お伝えしたように、夫自身のこれまでの生活の中で、妻に足元をすくわれる様なことをしていたとしたら、痛い目に合ってさらに痛い目に合ってしまうかもしれません。

そして、相手と別れさせることを、夫の手で強引にしてしまったら、その後の妻との生活もギクシャクしてしまうでしょう。

 

夫一人の力で「妻と不倫相手とを別れさせる」ことをしていくと、どうしても感情が入ってしまい、軋轢が生じてしまいます。その時の夫の行動によって、この先の妻との生活がどのようなものになっていくかも変わってしまうのです。

 

ですので、「別れ」には「別れの専門家」にご依頼頂くことをお勧めいたします。

別れの専門家に依頼することのメリット

弊社「別れさせ屋ジースタイル」にご依頼頂くことで、まずは自分一人の感情で、この先のことも考えずに強引に二人を別れさせるということがなくなります。夫の手によって感情的に強引に別れさせようとしても、「夫が不倫の原因をつくった」という逆ギレ的な理由により、「別れ」が上手くいかず、逆に妻が夫の側から離れてしまうかもしれません。

また、別れさせた後の妻との生活を考えると、無理なアプローチは後悔の元となります。

 

そして、「別れさせ屋ジースタイル」にご依頼頂くことで、別れの専門知識、専門技術により、「別れさせ工作」が行われ、安心して「妻と不倫相手の男性との別れ」を見守って頂けるようになります。

 

「別れさせ屋」にご依頼頂いていることも極秘となりますので、妻が夫に対する負の感情を生じることはありません。その後の妻との生活も、安心して過ごすこともできるようになっていきます。

 

別れには別れの専門家を。まずは無料相談からはじめていきませんか?

別れさせ屋、別れさせ工作の相談無料

  • 別れたい人(離婚したい)
  • 別れさせたい人(離婚させたい人)
タイトルロゴ 年間4000件以上の別れ問題、離婚問題のご相談を頂き、頂いたご相談を解決させて来た別れさせ屋にご相談下さい。
1人で別れ問題、離婚問題を抱えているなら別れさせ屋ジースタイル大阪は大阪を含め関西で別れさせ工作をご提案させて頂きます。
別れさせ屋はご依頼者様が明るい未来を手にする為にご協力させて頂く探偵社になりますので、日々悩みを抱えて日常生活に支障をきたし、明るい未来が見えないのなら一日でも早い問題解決に向けてサポートさせて頂きます。

メール相談 ライン相談 別れさせ屋大阪ジースタイル