夫と離婚したい

相談者 伊沢さん(仮名)
年齢 32 既婚
地域 静岡
職業 主婦
状況 DV夫との離婚を望んでいた

相談者は夫からDVを受けていて離婚を切り出すと暴力をふるわれ結婚生活を無理してでも続けなければならない状況でした。

友人に相談した所、友人達は「そんな事をしそうな旦那さんじゃないよね」と信じてもらう事が出来ず家と外での夫の二面性に頭を悩ませていました。

実の親に相談しても外傷もない事や夫が両親に対しても花を贈る等のプレゼントをこまめにする事からも周囲へ夫の非難をしても信用してもらえなくなり、1人で頭を悩ませる事になりました。

夫と離婚したいという想いを誰にも伝えられずに弊社に相談頂く事になりましたが相談時や面談時に心労で表情を歪めていた事に気付き、相談員が「あなたの話しは全て信じますから」という言葉を掛けると涙を流しながら今までの経緯をお話し下さいました。

外では社交的な夫が何故離婚に踏み切らないのか?という部分に関しては依頼者は分からず、何故離婚してくれないのか?という部分が分からない為、離婚の話しを出しても受け入れてもらえませんでした。

その為、まずはターゲットである夫に接触を試み、外で家庭の事をどの様に話しているのか?という部分を聞きだす事から始めました。

夫が何に固執して離婚しないのか?という事が分かれば離婚に向けて進めやすくなりますので別れさせ工作員が接触をして夫が妻と離婚しない理由は何なのか?を聞き出します。

別れさせ工作員が聞き出した事実は夫は妻の不倫を疑っており、プライドが高い夫はそれが許せなく離婚に踏み切らなかったようでした。

しかし依頼者は不倫をしている訳ではなくDVをされている事で夫に対する愛情は皆無の状態になり「早く離婚したい」という気持ちが消えることはありませんでした。

プライドの高い夫が依頼者に固執する理由は自分は不倫していないのに妻にされているという思い込みで自分が捨てられるかもしれない事に納得が出来ていなかった事が判明します。

この状態であれば夫にハニートラップを仕掛けて不倫の状況を作ってあげる事で【自分が不倫をしている】という立場を作ってあげられ、それと同時に妻への固執も薄まります。

恋愛というモノを久しぶりに経験した夫が妻への固執がなくなり、夫の方から妻に対して離婚を切り出し、別れさせ工作は成功しました。

株式会社ジースタイルによって別れさせ工作が成功した過去の別れさせ工作成功者の事例を掲載させて頂いています。別れさせ工作の依頼者に許可を得て掲載させて頂いています。※プライバシー保護の為、若干の修正が加わってしまっている箇所があります。

別れさせ屋、別れさせ工作の相談無料

  • 別れたい人(離婚したい)
  • 別れさせたい人(離婚させたい人)
タイトルロゴ 年間4000件以上の別れ問題、離婚問題のご相談を頂き、頂いたご相談を解決させて来た別れさせ屋にご相談下さい。
1人で別れ問題、離婚問題を抱えているなら別れさせ屋ジースタイル大阪は大阪を含め関西で別れさせ工作をご提案させて頂きます。
別れさせ屋はご依頼者様が明るい未来を手にする為にご協力させて頂く探偵社になりますので、日々悩みを抱えて日常生活に支障をきたし、明るい未来が見えないのなら一日でも早い問題解決に向けてサポートさせて頂きます。

メール相談 ライン相談 別れさせ屋大阪ジースタイル