同棲中の相手と別れたい

 

恋人同士とても順調に関係を作り上げ、「もっと一緒にいたい!」という気持ちが高まっていき、同棲することになることがあります。これはごく自然な流れと言えるでしょう。

二人で新居を探し、家具や食器を選び、とても幸せな時間を過ごしています。

 

しかし、同棲するということは、寝起きから日常生活を共に過ごしていく、ということになります。仕事や個人の用事で出かけることはありますが、「一緒に生活する」ということは、相手に自分の今まで見せていなかった「普段の家での様子」を見せるということです。

 

ここにはお互い思いもよらない相手の素顔を見てしまうというリスクもあるわけです。

そして、あんなに楽しみにしていた同棲生活から一転、破局へと向かっていくことも多いでしょう。

同棲カップルの実態

幸せいっぱいで始まった同棲生活。ウキウキで楽しい毎日ですよね。しかし、ここではデートの時に見ている姿だけでなく、日常の「相手の姿」が見えてきます。

・好き嫌いなく見えていた彼が、とんでもなく偏食だった。

・トイレの使い方がとても汚い。

・生活リズムが全く違う。

など、日常生活に関わることに関してもそうですが、

今まで見えていなかった「考え方の違い」「相手の自分に対する見方」などは決定的な違和感、動揺してしまうような観点になってくると思います。

 

このような相手の「意外な一面」が見えてきた時、どのようにしていけばいいのでしょか。

問題をどのように解消していくのか

二人の間で問題を解決しようとした時、もちろん話し合いが必要ですよね。それも建設的な話し合いです。お互い違う生活をしていたのですから「生活の仕方」が違うのは当たり前で、お互いの生活の仕方をすり合わせていくことができれば解決に向かいますよね。

 

生活の仕方」ももちろんお互いの「考え方」「価値観」です。そしてこの「価値観」は「生活の仕方」だけに留まらず、様々な場面で出現していくものです。

そして、その「価値観」の違いがお互いの距離を離し、関係を悪化させる決定的なものになっていくことが多いでしょう。

その結果、お互い、もしくはどちらか一方が、「別れたい」ということになっていきます。

破局が見えた時

どちらかに破局がみえてきた時、「別れたい」と思って思い切って打ち明けたとします。しかし、ここでも相手の今まで見えなかった部分が出てくるところです。

 

一方が「別れたい」、もう一方が「別れたくない」となった時、日常生活の中の出来事のようにすり合わせてどうにかなるものでもありません。

特に、「別れたくない」方が今まで見せたことのないような態度でとても感情的になり、頑として『別れ』を受け入れない場合は大変です。DV・ストーカー(男性でも女性でも)へと豹変することがあります。

 

別れたい」方としては穏便に別れたいところですが、「別れたくない」方は脅してでも、力を使ってでも、病気になってでも「別れさせない」方向へもっていこうとすることは往々にしてあるものです。

 

同棲をしていたということは、相手の個人情報や過去の出来事、二人だけの秘密など、外には出せないものもたくさん出てきます。それを材料にして「脅される」ということも出てきてしまうかもしれません。

 

そういう方向に行ってしまうと、自分たち二人だけの事に収まりがつかず、周囲の友人や自分たちの家族までも巻き込んでの騒動へとなっていくこともあります。

DV・ストーカーの問題で警察も関係してくるかもしれません。

大切な二人の時間が、憎しみ合いの時間に変わっていくかもしれないのです。

もう我慢したくない…

 

「別れさせ屋」への依頼

別れたい」方としては、どうにか穏便に事が進めば嬉しいですし、これは「別れたくない」相手にとっての結果としても、とても大事なことになっていきます。別れ話のもつれの末「刃物で刺してしまった…」となってしまっては最悪の結末ですので。

 

そこで大切なのは、「別れたい」方が冷静な判断をし、間違えないようにしていくことです。「別れたい」方も一緒になって感情的になり、「別れたい!別れたい!」と言っていては、事は悪化するばかりです。

 

ですので、ここは冷静になり、どこに相談をもっていった方がいいのか?ということです。

最悪の結末、を迎えないためにも、プロへの依頼を意識してください。

事が最悪の結果になった後は、警察、弁護士の出番でしょう。しかし、その前の段階で「穏便な別れを実現したい」ということになれば、私たち「別れさせ屋」の出番となります。

 

私たち「別れさせ屋」はご依頼主様の「別れたい」を実現するために、ていないな聞き取り、打ち合わせにより、ケースに合わせた計画を立てて「別れさせ工作」を実行していきます。

 

その結果、ご依頼主様も「別れたくない」という相手も将来的に見て深手を負わずに、次への一歩を踏み出していけます。

 

どうしても避けて頂きたいのは、「別れたい」方も感情的になり、同じ土俵に立ってしまうことで泥沼の争いになってしまうことです。その結果は先ほどもお伝えしたところです。

 

冷静に「別れさせ屋」という選択肢も視野に入れて頂きご相談を頂けましたら、私たち「別れさせ屋」は全力でご依頼主様をサポートしていきます。

 

別れさせ屋ジースタイル大阪では、24時間年中無休にて、別れたいお悩みを抱えている方のご相談にご対応させて頂いております。

弊社では、独自の手法による別れさせ工作方法により、様々な『別れたい』『別れさせたい』ご相談の内容に最善な別れさせ工作の方法をご提案させて頂いております。

他社で失敗された方、他社に相談してみたが頼りないまたは、信用性がないと感じられたいう方からもご好評を頂いておりますので、

お一人でお悩みを抱え込まれてお辛いお気持ちを、まずはご相談されてくだされば弊社相談員が、ご相談者様に親身になってご対応させて頂きます。

 

こちらの記事もご参考ください。

⇒ 一人になりたい、自分の時間が欲しいから別れたい

⇒ 同棲してからの別れについて

別れさせ屋、別れさせ工作の相談無料

  • 別れたい人(離婚したい)
  • 別れさせたい人(離婚させたい人)
タイトルロゴ 年間4000件以上の別れ問題、離婚問題のご相談を頂き、頂いたご相談を解決させて来た別れさせ屋にご相談下さい。
1人で別れ問題、離婚問題を抱えているなら別れさせ屋ジースタイル大阪は大阪を含め関西で別れさせ工作をご提案させて頂きます。
別れさせ屋はご依頼者様が明るい未来を手にする為にご協力させて頂く探偵社になりますので、日々悩みを抱えて日常生活に支障をきたし、明るい未来が見えないのなら一日でも早い問題解決に向けてサポートさせて頂きます。

メール相談 ライン相談 別れさせ屋大阪ジースタイル