別れることで次の出会いがある

別れることは特別なことです。

特別であるが故に、別れは難しく、悩みが深くなっていきます。

自分の思うように、自由に付き合ったり別れたりできたらどんなにいいことでしょうか。

 

それは、自分だけでなく相手がいることなので、自分だけでの思いではどうしようもない、ということはみなさんもご存じのことですし、だからこそ悩みも抱えてしまっている現状があるのではないでしょうか。

深い関係の「別れ」は特別

人生は人との出会いと別れの連続です。

出会った全ての人との関係をそのまま維持して

ここまでこられた方は、一人もいないのではないでしょうか。

 

別れ」とは、「別れましょう」というお互いの共通認識の元行われることばかりではないですよね。

連絡をしないことで関係性が薄れ、連絡を取らなくなったり、会うことがなくなったりすることも「別れ」と言えるでしょう。

 

知らず知らずのうちに、「別れ」は起こっているものです。

ですが、このブログを読んでいる方の「別れ」はもっと特別な「別れ」を望んでいる方であるでしょう。

 

深い関係からの「別れ」は、特別なものとなります。

出会って関係性が深くなり二人でいろいろな思い出をつくり、信頼関係を築いていった人との別れというものは難しくなっていきます。

例え自分の気持ちが離れていたとしても、相手にまだ気持ちがあるとしたら、その信頼関係を築いた深さによって、別れに対しても深い悩みとなっていきます。

それは、二人の思いがそれぞれ違っているからこそ、お互いのより深い悩みとなってしまうのです。

 

「別れたい」人は、「別れられない」ことが悩みとなり、

「別れたくない」人は、「別れの危機」が悩みとなります。

 

お互いの思いが交錯してしまうことで事が進まなくなり、お互いストレスだらけとなっていくのです。

早く先に進みたい

別れを躊躇していると

しかし、別れたい方が別れを躊躇していると、いつまでたっても同じ関係性のまま、いえ、それ以上に悪化した関係で一緒にいなければならなくなります。

 

別れたい」と思う気持ちを持ったまま一緒にいることで、相手に対する不満も大きくなりますし、「別れたくない」人もそういう態度にどんどんストレスがたまっていきます。

 

そのことで「別れたくない」人が「別れたい」に変わってくれればいいのですが、なかなかそうもいきません。

別れたくない」人もどうにかこちらを向かせたい焦りから、相手を力ずくで離さないようにしてしまうかもしれません。

暴力・ストーキング・監禁…恐ろしいことをイメージしてしまいますが、このような犯罪行為に発展してしまうことはよくあることです。

 

「別れたい」人が「別れ」を躊躇していると、「別れたくない」と思っている相手からどんどんエスカレートした行為を受けることになります。

別れを躊躇してしまう理由

では、別れを躊躇してしまう理由はなんなのでしょうか。

別れたい」のに別れを躊躇してしまう理由としては

別れることで、経済的に不安だ

別れを切り出すことで、モラ・ハラや暴力がエスカレートしてしまいそう

世間の目や親兄弟や親戚、友人の反応が怖い

などが挙げられるでしょう。

 

当然、「別れたい」と思ってすぐに「別れる」ということはないかもしれません。

特に婚姻関係の解消という場合になれば、法的な手続きを踏まなければなりませんので

すぐにという訳にはいかないでしょう。

 

しかし、別れるための準備は始めていく必要があります。

その準備をどの程度進めていくか、ということが、人によって、あるいは状況によって違ってきます。

 

人や状況によっては、先ほど挙げた理由が思い浮かんでしまい、考える最初の段階で準備が「ストップ」してしまうこともあるでしょう。

そういった物事を「慎重」に考える人かもしれませんし、状況がそう考えざるを得ない状況なのかもしれません。

 

いろいろ考えた末、実際に相手に話を持ち掛けた時の相手の反応によって、止めてしまうこともありえます。

相手の真摯な態度を見ることがあるかもしれませんし、思いもよらず恐ろしいほどの反発をくらってしまったのかもしれません。

 

このように、躊躇する理由や段階は人それぞれとなるでしょう。

別れることで開かれる未来

別れさせ屋・別れさせ工作の総合探偵社ジースタイル大阪!

しかし、「別れる」ということが頭に浮かんだ人は、これからずっとその状態でいなくてはならないのです。

何故なら、そう思った瞬間から、相手の行為が「別れる」ことを後押しするものとして、脳が認識してしまうからなのです。

 

仲のいい時には肯定的にプラス面として捉えていたものが、「別れ」を意識した時から、否定的なマイナスな面としてと捉えるようになってしまうのです。

その状態を打開するには、やはり「別れ」の実現ということになっていきます。

でなければ、相手は変わらないので、自分が全面的に変わっていく、という方法になっていきます。

 

相手を変えようとすると、余計に亀裂が広がってしまうものです。

相手を変えるのではなく、自分を変える。

別れる」ことがちらついている状態では、とてもハードルが高いものになっていきます。

相手とのわだかまりを消すには、自分を変える方法を知り、かなりの努力が必要になっていきます。

 

総合的に考えて、上記のような状態の方が、この先ご自身の未来を開く為には「別れる」という道を進んだ方が、結果として良いものとなることが多いでしょう。

勇気をもって別れと向き合う

とはいっても、やはり「別れる」為のハードルがあるからこそ、こちらのブログを読んでくださっているのだと思います。

このブログが、あなたの別れに対して後押しとなることを願っています。そして、弊社「別れさせ屋ジースタイル大阪」は、専門的な知識別れさせ工作で、あなたの「別れ」を全面的にバックアップ致します。

弊社「別れさせ屋ジースタイル大阪」は、別れの専門家となります。

弊社がサポートすることによって、あなたの『別れたい』が実現可能となります。

どのような形で進めていくのかはケースによって異なりますので、まずはご相談頂けたらと思います。

別れさせたい問題を解決できるのが「別れさせたい」の専門知識、実行力、実績を持っている弊社「別れさせ屋ジースタイル大阪」なのです。

自分ではどうすることもできない「別れさせたい」を極秘のうちに解決へと導いていきます。

別れさせ屋ジースタイル大阪では、24時間年中無休にて、別れたいお悩みを抱えている方のご相談にご対応させて頂いております。

弊社では、独自の手法による別れさせ工作方法により、様々な『別れたい』『別れさせたい』ご相談の内容に最善な別れさせ工作の方法をご提案させて頂いております。

他社で失敗された方、他社に相談してみたが頼りないまたは、信用性がないと感じられたいう方からもご好評を頂いておりますので、

お一人でお悩みを抱え込まれてお辛いお気持ちを、まずはご相談されてくだされば弊社相談員が、ご相談者様に親身になってご対応させて頂きます。

 

別れたい問題でお悩みの方は、こちらのケースごとの記事もご参考ください。

⇒ DV被害者の「離婚の実現」

⇒ 浮気相手の女性から別れたい

⇒ 同棲中の相手と別れたい

⇒ 彼を傷つけずに別れて、好きな男性と交際したい

別れさせ屋、別れさせ工作の相談無料

  • 別れたい人(離婚したい)
  • 別れさせたい人(離婚させたい人)
タイトルロゴ 年間4000件以上の別れ問題、離婚問題のご相談を頂き、頂いたご相談を解決させて来た別れさせ屋にご相談下さい。
1人で別れ問題、離婚問題を抱えているなら別れさせ屋ジースタイル大阪は大阪を含め関西で別れさせ工作をご提案させて頂きます。
別れさせ屋はご依頼者様が明るい未来を手にする為にご協力させて頂く探偵社になりますので、日々悩みを抱えて日常生活に支障をきたし、明るい未来が見えないのなら一日でも早い問題解決に向けてサポートさせて頂きます。

メール相談 ライン相談 別れさせ屋大阪ジースタイル