ジースタイル大阪での別れさせ工作の基本方法は対象者に工作員が接触して心理誘導する手法が一般的な別れさせ屋工作の方法になります。

対象者が男性、女性と異なりますが男性対象者の場合は女性工作員が接触。女性対象者の場合は男性工作員が接触といった決まり事はありません。

対象者に対して異性を接触させるのは別れさせ屋工作の方法の一つである、ハニートラップを思い浮かべた際に出て来る場合が多いのですが、ハニートラップで浮気・不倫の既成事実を作り出す方法は通用する場合と通用しない場合があり、100%通じる別れさせ屋工作というものは存在しないのです。

弊社では対象者の状況情報をに合わせて別れさせ屋工作方法を提案させて頂きますが、それらがなければ別れさせ屋工作成功率を上げることは出来ません。

別れさせ屋工作方法は対象者によって多種多様であり、ベストな選択肢となる別れさせ屋工作方法を提案、提供させて頂くのが別れさせ屋になり、常にプランをブラッシュアップしてく事が求められます。

抱えている問題解決に向けて別れさせ屋が提案する別れさせ屋工作方法が通用するのか?をシッカリと考慮して頂き、他社で失敗した方もご相談下さい。

別れさせ屋とは 別れさせ工作

別れさせ屋工作方法は対象者次第で変わる

別れさせ屋工作の方法は対象者次第で変わります。

対象者の持つ弱点となるものが家族であれば家族という弱点をついた別れさせ屋工作方法が提案出来なければ別れさせ屋工作は失敗します。

他にもお金異性関係借金ギャンブル前科親族友人関係職場といった様に対象者の弱点がどこにあるのか?を把握していなければ別れさせ屋工作を行うにしても、何をもって別れるのか?といった確信的な部分を把握する事が出来ません。

相手の弱点をついて別れさせ屋工作を実行する事が出来なければ別れさせ屋工作成功率は上昇せず、別れさせ屋工作を実行するだけ無駄になり、依頼者への負担を強いる形になってしまいます。

現代社会において弱点のない人間はなく、頂く情報の中に弱点がなければ弱点を判明させる調査を行い、別れさせ屋工作方法を提案させて頂くことも出来ます。

対象者次第で別れさせ屋工作方法は異なりますので、どんな案件でもハニートラップを仕掛けるような提案しか出来ない別れさせ屋には十分にご注意下さい。

別れさせ屋工作の方法は【情報】で変わります

工作方法は対象者の情報次第で変化させなければならず、情報が名前住所勤め先などの最低限の情報があれば工作員の接触は難しいわけではありません。

その際に別れの弱点となる情報がなければ接触後に別れさせ屋工作成功率は上がらず、接触しただけに留まります。

最低限の情報+αで別れさせ屋工作の方法は変わります。

頂く情報量の多い、少ないで情報の少なさを埋める調査が必要になる事もあります。

例えば夫・妻が不倫しているはずだけど相手が分からない…という際はターゲットとなる人物を調査して判明させる事から始めなければなりません。

別れさせ屋は探偵業が行っている為、対象者の情報を収集するプロでもあります。

対象者発見後は調査を継続させて弱点の判明をする事で、用意した別れさせ屋工作方法を実行に移す事になります。

情報の有無で別れさせ屋工作の料金も別れさせ屋工作の方法も変わる為、情報量は別れさせ屋工作の依頼をする際には、とても必要なものになります。

別れさせ屋工作の方法は【目的】で変わります

ヒアリング時に依頼者の目的をお伺いさせて頂きますが、目的次第で別れさせ屋工作方法も検討しなければなりません。

ここでいう目的とは工作を行った後に依頼者がどんな未来を描いているのか?を確認させて頂かなければなりません。

例えば別れさせ屋工作の目的が二股を掛けられた事による復讐目的であれば対象者の2人が幸せになる事は許せない…自分は苦しんでいるのだから相手も苦しめたい…という事が目的となります。

その際に、どんな形であっても引き離し、お互いが傷つく様な関係になる事を依頼者も望む為、それに向けた別れさせ屋工作方法を提案しなければなりません。

工作目的が別れた後の復縁の場合、対象者がトラウマになる様な別れさせ屋工作をしてしまえば依頼者との復縁には進みません。

依頼者との復縁に進まなければ目的とは程遠い工作になってしまう為、別れさせ屋工作方法も変えなければなりません。

目的に沿って別れさせ屋工作方法を提案し、事前に作り上げるシナリオに沿った別れさせ屋工作方法を実行しなければなりません。

目的があるからこそ別れさせ屋に依頼するわけですから、依頼者の目的を叶える為の方法を提案させて頂くのも別れさせ屋になります。

依頼前に別れさせ屋工作の目的を依頼者様と確認し合い、目的に沿った別れさせ屋工作方法を提案する事が出来なければなりません。

ライン相談

別れ問題、離婚問題はお気軽にご相談下さい06-6377-968824時間365日対応

メールでのご相談はコチラ