依存症の理解の先に、依存症克服が見える

そもそも依存症ってなんでしょうか?

それは、特定の何かに心を奪われ、「やめたくても、やめられない」状態になることです。

代表的なものに、アルコール・薬物・ギャンブル等への依存があります。

そんな「依存症」の仕組みや問題点、回復に向けた行動などについてお伝えしていきます。

依存症にはどんなものがあるのでしょうか

依存症は大きく分けて「物質への依存」「 行為・プロセスへの依存」「人・関係の依存」に分けられます。3つの依存症の共通点はコントロール障害にあります。自分の意思で、量・頻度・場所・状況などを自分でコントロールできなくなるのがコントロール障害です。

 

〇物質への依存

ある物質を飲んだり注射して摂取したりすることで、快楽や刺激を得て、その物質に執着・依存する。

例)アルコール、たばこ、薬物(違法薬物・脱法ハーブ・処方薬・市販薬など)

こちらの記事もご参考ください。

⇒ MDMA依存からの引き離し

 

〇行為・プロセスの依存

ある行為をする過程で得られる興奮や刺激を求めて、その行為自体に執着・依存する。

例)ギャンブル・パチンコ・買い物・窃盗(クレプトマニア)・ネット・性・浮気など

こちらの記事もご参考ください。

⇒ ギャンブル依存症との引き離し

 

〇人・関係の依存

ある特定の人との人間関係に依存する。歪んだ人間関係に執着することで、人とのつながりを求めようとする。

例)女性依存・男性依存・DV・ストーカーなど

こちらの記事もご参考ください。

⇒ DVをするパートナーとの別れたい

 

これらは繰り返すことでより強い刺激を求め、やめようとしてもやめられない。いつも頭から離れないなどの特徴がだんだんと出てきます。

 

 

依存症の問題点

依存対象のことに集中しすぎてしまうので、自分や家族との生活、社会生活がおろそかになってしまいます。そして、飲酒や薬物使用、ギャンブルなどの行為を繰り返すことによって脳の状態が変化し、自分の欲求をコントロールできなくなり、どんどん依存対象に依存してしまうことになります。

その結果、次のような悪影響が起こり、自分や家族の健全な社会生活に悪影響を及ぼす可能性があります。

・睡眠や食事がおろそかになり、安定した日常生活が送れなくなる。

・依存行為が第一なので嘘をつき、対人関係を悪化させる。

・仕事や学校を休みがちになったり、普段していたことが続かなくなったりする。

・隠れて借金をしたり、お金を作るために手段を選ばなくなったりする。

・本人の身体や心に悪影響を及ぼす。

 

やめられない理由はなんでしょうか

依存した行動をやめられないのはどうしてでしょうか。
それは、コントロール障害(自分の意思でやめられない病気)になってしまっているからです。

人は不安や緊張を和らげたり、嫌なことを忘れたりするために、ある特定の行為をすることがありますが、それを必要以上に繰り返しているうちに脳の回路が変化して、自分の意思ではやめられない状態になってしまうことがあります。

これが、依存症という病気です。

 

ですので、「脳の仕組みが起こす病気」とも言えます。

決して「 根性がない」とか「意志が弱いから」ではありません。依存症は、誰でもなる可能性があるのです。

 

依存症の回復に向けて

依存症になると、飲酒や薬物使用、ギャンブルなどを適度にできなくなるといわれています。

しかし、様々な助けを借りながら、飲酒や薬物使用、ギャンブルなどに頼らない生き方をしていくことは可能です。

依存症は糖尿病や高血圧のような「慢性疾患」といわれています。そのため、しっかりとした付き合い方が大切です。

 

ご家族や周りに・依存症の方がいたら

ご家族や周囲の方は、依存症の方に叱責や処罰をするのではなく、「対処法」を学びましょう。そして「専門家」にも相談しましょう。

依存症は、欲求をコントロールできなくなる病気です。

しかし本人は自覚がなく気づかないため、何度も気持ちだけでコントロールしようとして失敗します。

そのため、周囲がいくら根性論で本人を責めても、問題は解決しません。叱責や処罰だけでは、むしろ状況を悪化させてしまいます。

 

本人が回復の必要性を自覚するまでには時間がかかることも多いため、まずは、周囲の方が専門の機関に相談して、適切なサポートのしかたを知ることから始めましょう。

 

依存症の苦しみから脱却したい

 

「別れさせ屋」は依存症からの回復の専門家です。

私たち「別れさせ屋ジースタイル大阪」は、人と人を別れさせることだけを業務としていません。

依存症からの脱却」に関しても専門的知識のもと、依存症のご本人だけではなく、そのご家族や親しい人へのアプローチも行っております。

 

先ほどもお伝えしましたが、依存症の方に「叱責や処罰」では効果はなく、しっかりとした対処法を学んだ周囲の「支援」がなければなりません。

ご本人だけではうまく自分をコントロールすることはできません。必ずご家族をはじめとする周りのサポートが必要になってきます。そしてそれは「専門家」との関わりが必ず必要となってきます。

 

その「専門家」としても「別れさせ屋」は役割を担っています。

ご本人だけ、ご家族だけで悩まずにまずはお問合せください。

 

ジースタイル大阪では、24時間年中無休にて、各種依存症問題のお悩みを抱えている方のご相談にご対応させて頂いております。

独自の手法による依存症との引き離し工作方法により、ご相談の内容に最善な各種依存症からの引き離し工作の方法をご提案させて頂き、ご依頼者の方の『安心』を第一に依存症に悩まされる方の『明るい未来』を取り戻すサポートをさせて頂きますので、お一人でお悩みを抱え込まれてお辛いお気持ちを、まずはご相談されてみてはいかがでしょうか?

別れさせ屋、別れさせ工作の相談無料

  • 別れたい人(離婚したい)
  • 別れさせたい人(離婚させたい人)
タイトルロゴ 年間4000件以上の別れ問題、離婚問題のご相談を頂き、頂いたご相談を解決させて来た別れさせ屋にご相談下さい。
1人で別れ問題、離婚問題を抱えているなら別れさせ屋ジースタイル大阪は大阪を含め関西で別れさせ工作をご提案させて頂きます。
別れさせ屋はご依頼者様が明るい未来を手にする為にご協力させて頂く探偵社になりますので、日々悩みを抱えて日常生活に支障をきたし、明るい未来が見えないのなら一日でも早い問題解決に向けてサポートさせて頂きます。

メール相談 ライン相談 別れさせ屋大阪ジースタイル