不倫相手と別れたい

辛い状況を変えたい

日々、テレビのワイドショーやドラマのメディア等でよく取り上げられる『不倫問題
相手が既婚者でも自分が既婚者でも、配偶者が居るのに他の異性と関係を持ってしまうのは何故でしょうか?

配偶者が居るのに気付かず、関係が深まってしまった後に不倫だと気付くケース。
元々割り切った関係のはずが、どんどん相手に惹かれていき切るに切れなくなっていくケース。
配偶者も大切だけど、付き合っていくうちに妻、または夫よりも不倫相手への愛情の方が大きくなってしまったケース。

反対に自分は家庭を優先したいが不倫相手が求める物が大きくなってしまい別れたいと思ってしまうケース。
不倫相手に別れを告げたが、納得してもらえずいつまでもズルズル関係を続けているケース。
この他にも多種多様なケースが存在します。

勿論、お互いに納得し合い何事にも流されず楽しいという感情だけの方も居ますが、それはごくわずかでしょう。
ほとんどがこの先の未来であったり精神的にツラくなってしまい一人で悩んでる方が多いでしょう。

好きという気持ちではどうしようもない現状。
不倫をしてしまっているという罪悪感。
この先のビジョンが描けずただ漠然とした不安。

沢山の問題や精神的なストレスを抱えてまで、本当にその恋愛は必要ですか?

確かに恋愛は様々な障害や困難がある方が燃え上がるというデータがあります。
まさに『不倫』は燃え上がる恋愛だとも言えます。
しかしネット上に溢れる体験談として最も多いのは、[後悔]というワードです。

不倫相手の配偶者から慰謝料を請求された。
不倫が周りにバレて友人を失った。
離婚になり子供に会えなくなった。
会社に居ずらくなり退職した。

後悔することは人により異なりますが、バレた方は少なからず何かしらの制裁を負っています。

中でも気になったのが
『不倫相手と再婚したのに上手くいかず、別れたい。』
と一緒になれたのにも関わらず、その後上手くいかず不倫してる時の方が良かったという声です。
先程も書きましたが、やはり何かしらの障害があったからこそその恋愛が成り立っていたということです。

恋は盲目と言われてますが、正にその通りです。
人間そんなに完璧に出来ていないので無い物ねだりしてしまうのは当然のことです。
ただ冷静に、客観的に自分を見つめ直した時に今の現状でいいのか段々見えてきます。

別れさせ屋の必要性

それでも不倫相手とどうしても結ばれたいと思う方も多く居ます。
結局、綺麗事で済ませれるのならば悩まれないでしょう。
不倫相手を配偶者を別れさせて自分と一緒になってほしい。
配偶者にはバレず離婚して不倫相手と一緒になりたい。
不倫相手と穏便に別れたい。
別れる勇気が無いので背中を押してほしい。
何とか今の状態から望む未来へ進みたいと思いながらもその様な悩みをお一人で抱えこまれている方の為に別れさせ工作を行う弊社の存在意義があるのです。

ジースタイル大阪では、どんな相談にも対応しておりますので、『別れさせたい。』『別れるのを手伝ってほしい。』と思われているなら一度弊社にご相談下さい。
調査や工作に抵抗がある方や、経済的に頼むのが難しいといった方へのアドバイスだけのプランも準備していますので、お気軽にお問合せ下さい。

別れさせ屋、別れさせ工作の相談無料

  • 別れたい人(離婚したい)
  • 別れさせたい人(離婚させたい人)
タイトルロゴ 年間4000件以上の別れ問題、離婚問題のご相談を頂き、頂いたご相談を解決させて来た別れさせ屋にご相談下さい。
1人で別れ問題、離婚問題を抱えているなら別れさせ屋ジースタイル大阪は大阪を含め関西で別れさせ工作をご提案させて頂きます。
別れさせ屋はご依頼者様が明るい未来を手にする為にご協力させて頂く探偵社になりますので、日々悩みを抱えて日常生活に支障をきたし、明るい未来が見えないのなら一日でも早い問題解決に向けてサポートさせて頂きます。

メール相談 ライン相談 別れさせ屋大阪ジースタイル