ヒステリー妻と別れたい

既婚男性の中で、妻がヒステリーになってしまいどうすれば良いか分からないと悩んでいる人が大勢居ます。
ちょっとしたことで妻を刺激してしまい、ヒステリーになってしまうといったご相談も増えてきています。

そもそもヒステリーとは、どのような状態の人を指すのでしょうか?

感情が制御出来ず、激しく興奮してしまうことによって、悲しみや怒りといった感情をむき出しにした状態のことです。
精神状態が安定せず、一つ一つの言葉や言動に過剰に反応してしまい、暴言を吐いたり者に八つ当たりしたりと手に負えなくなってしまう人の状態をヒストリーと呼びます。

精神病の一種とされていますが、精神科を受診して治そうとする人と、自分は病気ではないと頑なに受診を受けるのを拒む人が居ます。
ヒスが起きてしまうと、相手の感情が落ち着くまで待ってあげる必要があります。
待たずに正論をぶつけたところで、火に油を注ぐようなものなので、そこでもまた感情が爆発してしまうからです。

勿論、男性にもヒステリーの方は居ますが、女性の方が多い傾向にあります。
これは元々の考え方の違い原因と言われ、男性は理論で物事を決める傾向にありますが、女性は感情で物事を決める傾向にあります。
それにより、女性のヒステリーの方が表立ってしまう原因です。

最初のうちは、妻がキレたと思っていたのに、その頻度が増えていき気が付いた時にはヒステリーになっていたということがあります。
単なる『怒り』だと思っていたがために、対応が遅れてしまいヒステリーになるまで問題視していなかったというケースです。
最近怒りっぽくなったなと感じてはいたものの、まさかこんなに人が変わったようになるとは思ってもみなかったという方が非常に多いです。

ヒステリーになってしまったら

多くの女性は、最初からヒスだったわけではなく、結婚生活を通してヒスになってしまいます。
中には最初からヒステリー癖があり、付き合っていた頃は抑えれていたけど、結婚により安心感などが生まれたことにより、我慢が出来なくなってしまいヒスを起こすようになってしまった人も居ます。
しかし、多くの場合はヒステリーになってしまう原因があり、それを経てヒステリー妻に変化してしまうことが多いです。

その原因になっているものは大きく2つに別れます。

・夫に対して不満を持っている
家庭の役割分担や、給与の額、育児の参加率や飲み会に行くことなど様々な夫に対しての不満からヒステリーになってしまう。
夫自身は、そんなに怒られることだという認識は無く、何がいけなかったのかが分からないままヒスが起こってしまう。
夫のやることなすこと全てに対して気に入らなくなってしまい、自分の思い通りにならないとヒスを起こして気が済むまで感情をむき出しにしてしまう場合が多い。

・家事や育児などによるストレス
家事や育児に追われてしまい自分の時間が持てず、その不満からヒステリーになってしまう。
どこにも感情をぶつけられないので、夫が帰ってきたらその不満を一気にぶつけてしまい、『私だけが大変』という感情になってしまう。
子供が居る場合は子供に感情をぶつけるケースも少なくなく、子供に対して手を挙げてしまったり怒鳴ってしまったりと、子供に悪影響を与えてしまう。

どちらの理由でも、結婚をして子供が産まれれば女性が感じてしまうことですが、それがヒステリーの原因になってしまう人も少なくありません。
ヒスを起こすうちに、物に当たり何かを壊してしまったり、夫や子供に対して暴力を振るってしまうケースも多くあります。
言葉の暴力だけではなくなってしまうと、本当に手が付けれなくなってしまいます。

ヒスを起こされるのが嫌で、話を聞かない、家に帰らない、等何とか避けて生活をしようと試みてみる方は多いですが、何をしても逆効果です。

毎回同じ理由でヒスが起こるのであれば、それに触れないように会話したり行動したりできますが、殆どの場合は理由が定まっていません。

その時の気分によってヒスが起きるのか起きないのか分からないため、気が休まることがないことに対して悩んでいる方が多いです。

ヒスを起こしてしまったらどうすることが最善でしょうか?

ヒスが起こっている最中は、何をしても裏目に出てしまうことがほとんどなので、とりあえず話を聞くという姿勢でその場を耐える事が1番です。
落ち着いて話そう』『冷静になろう』等の言葉は、妻の神経を逆なでしてしまう可能性があるため、避けた方が賢明です。
自分に何の落ち度が無い事に対して怒っているのであれば、悪くなくても『謝る』ということが必要になってきます。
謝ることにより、妻は自分は間違っていないと改めて実感するので、そこに同調することにより怒りのボルテージが下がるのを待ちます。

ただ、自分に落ち度が無いにも関わらずずっと耐えていたら、精神的に病んでしまう方も居ます。
なので、少しでも精神的に耐えれないと感じた時は、ヒスが起こっていてもその場から逃げることも大切になります。
子供が居る場合は、子供と一緒にその場を離れるのがベストです。

耐えれなくなったら

1人で悩むのが辛いなら別れさせ屋ジースタイル大阪

我慢して妻のヒステリーに耐えてきたけど、もう限界だと感じる人は多いはず。
グチグチと文句を言われ、ヒスが起きると手が付けれないという状況であれば、限界が来るのは当たり前です。

子供が居てる方は、家族の為だと我慢し続ける方も居ますが、それは大きな間違いです。
家族の為を思うのであれば、まずは病院に一緒に行くべきであって、我慢することではありません。

しかし、冒頭の方でも書いたように、病院に行くことを拒む人は少なくありません。
精神病の一種だという認識をしていない人が大半なので、病院を勧めるとそれに対してヒスを起こす人も多く居ます。

何をやっても全てが裏目に出てしまい、ヒスを悪化させてしまっていると悩む方も多く、誰にも相談を出来ないという人も多いです。
周りにヒステリーの妻を持った男性が居ないと、中々理解してもらうのも難しくなってしまいます。
何も知らない人からすれば、『間違ったことはしていないのだから、妻に言うべき』『1度キツくい行ってみた方がいいよ』と思うかもしれませんが、それが通用するのであれば悩む必要もないですよね。
当事者にしか分からないことは多くあるので、それを理解してくれる人が周りに居ない以上、ずっと自分一人で抱え込んでしまいます。

治そうと提案してみても拒否され、気を遣うのは自分だけで相手は全く変わってくれない、労わってくれないとなると離婚も視野に入れて考えてしまいます。

いざ離婚がしたいと思っても、話し合いの時点でヒスが起これば離婚の話は進まないですし、離婚の話が出ればヒスを起こせば無くなると思ってしまう妻も大勢居ます。

そうならないように離婚を進めていきたいのであれば、『別れさせ屋』を活用してみても良いかと思います。

相手が有責で離婚がしたいのであれば、あなたが考える結末から工作内容を考えることができる別れさせ屋は、離婚にも有利に働きます。

例えば、慰謝料請求がしたいけれど決定的な何かが欠けているのであれば、ハニートラップを仕掛けることが出来ます。
気持ちがそっちに動けば、離婚をしてほしいと妻から言い出す可能性もありますし、ヒスがマシになる可能性もあります。

どんなプランでどんな工作をするのか?というのはそれぞれの妻の性格や環境により異なるため一概には言えませんが、それぞれに合ったプランや工作を用いる事により、離婚がスムーズに進みます。
なにもせず、ずっと耐えるのであれば、今後も改善される見込みは少ないです。

今の現状を変えたいのであれば、一度別れさせ屋に相談するのも一つの解決策です。
一人ではどうすることも出来ない、このままだと自分までおかしくなってしまう、と限界を感じているのであれば早めに行動を起こすことが大切です。

ヒステリーは治らないものではありませんが、治ることが難しいと言われています。
相手が努力をして、自分の感情を制御出来るようにしないといけない為、相手が治したい、変わりたいと思わないと変わることが出来ません。
そのきっかけを与えてあげるのも、大切な事です。

ジースタイル大阪では、ヒステリーに悩んでいる方からのご相談も承っております。
別れる気はないけれど、改善はしたいという方のプランも弊社ではご用意しております。
24時間、365日いつでもご相談頂けますので、是非一度お気軽にお問合せ下さい。

別れさせ屋、別れさせ工作の相談無料

  • 別れたい人(離婚したい)
  • 別れさせたい人(離婚させたい人)
タイトルロゴ 年間4000件以上の別れ問題、離婚問題のご相談を頂き、頂いたご相談を解決させて来た別れさせ屋にご相談下さい。
1人で別れ問題、離婚問題を抱えているなら別れさせ屋ジースタイル大阪は大阪を含め関西で別れさせ工作をご提案させて頂きます。
別れさせ屋はご依頼者様が明るい未来を手にする為にご協力させて頂く探偵社になりますので、日々悩みを抱えて日常生活に支障をきたし、明るい未来が見えないのなら一日でも早い問題解決に向けてサポートさせて頂きます。

メール相談 ライン相談 別れさせ屋大阪ジースタイル